インテリアを照明や家具そして雑貨で理想の部屋作り

インテリアを照明・間接照明で照らして部屋にあった家具を備え付け雑貨で部屋を飾り自分の理想の部屋を手に入れましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧家具の特徴は?

北欧家具は日本のインテリアと相性が良く、根強い人気があります。 飾り気がなく上品な印象も多くの人を惹きつけますね。 北欧家具の最大の魅力は、ナチュラルな素材感、飾り気のないシンプルなデザイン、そして他の家具との調和の取りやすさにあるでしょう。 何にでも合わせやすく飽きがこないという要素は、部屋改造や模様替えに適しています。触れてみたくなる素材感、デザインは一見地味ですが、洗練され、モダンで美しくかつ機能的です。 北欧家具には有名家具デザイナーが数多くおり、高級家具ブランドも多く産出しています。その完成度の高さは、耐久性にも優れてれています。 北欧といっても、デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの各国は、風土や産業、生活において、それぞれの状況が大きく異なります。 しかし、優れたもの作りの技術を背景とするデザインが各国の産業振興の基盤を成し、世界的に高い水準を誇る、という点では、いずれも共通しています。 北欧の家具からは温もりが醸し出され、厳しい冬を過ごす人々の生活に潤いを与えているかのようです。 最近では北欧家具世界一のメガインテリアショップの日本出店も、人気に拍車をかけていますね。 飽きのこないシンプルで機能的、そして温かみのある北欧家具は 日本人に好まれる理由なのかもしれませんね。

スポンサーサイト

アジアン家具の魅力と特徴

最近では、店舗などでもアジアン家具が流行ってますね。 アジアンインテリアのリゾート感、癒し効果、これらはチークや竹、籐、麻などの素朴な自然素材を使用したアイテムによって生み出されます。 大きな飾り棚やソファー、テーブル、AVボード、ベッドなどの家具を選ぶだけでもアジアンスタイルの部屋になります。 値段も手頃で、日本の家具とも相性が合うメリットがあります。 しかし、長く使うためには乾拭きや埃払いなど、普段からのお手入れが大切になってきます。 中国家具も魅力的なアイテムのひとつです。 重厚感があり知的さを感じられ、部屋に落ち着きと妖麗な雰囲気を与えます。 アンティーク家具は、個性的な形や独特の透かし彫りの美しさ、漆の朱色が部屋のアクセントになります。 また、ファブリックの使い方次第でアジアンインテリアは華やかさが増します。タペストリーのように飾ってスポットライトや間接照明を当てると、立体感が生まれますね。 雰囲気作りのためには雑貨も欠かせませんが、個性的なアイテムが多いため、詰め込み過ぎは禁物です。厳選すると周りの家具とも調和が取れ、家具も引き立ちます。 コツとして家具同士は同じ色、同じトーンで揃えた方が、すっきりと見えます。 間接照明やすだれ、葉のグリーンも使って、アジアのリゾート地のようなやすらぎの癒しの空間を作りましょう。きっと毎日の生活がオン・オフとメリハリがつき生活の張りがでて仕事、遊び、休息が充実することでしょう。

アンティーク家具の魅力と特徴

アンティーク家具といってイメージするのは、中国・英国(イギリス)北欧・フランスなど主にヨーロッパの国の家具が印象てきですね。 20世紀以前に丁寧に作られた家具でも、手入れをしながら50年・100年と大切に使われ続けています。 ヨーロッパでは古くから、家具は単なる生活用具としてではなく、わたしたちの想像できない程の強い愛着を持って扱われてきました。 長い年月を一人のオーナーによって所有され、何も手を加えられずに市場に現われる本物のアンティーク家具は、今や殆どありません。 日本では中古家具を少し直してアンティークとして売られていますが、本場イギリスではそのような家具は中古家具、復古家具と呼ばれています。 そして主に明朝~清朝、中華民国時代に作られた中国アンティーク家具も注目されています。 2~300年前の旧家を解体し、丈夫な柱や梁から復元された家具は「古木復元」と呼ばれます。 原型をとどめ高級材を使用した厳密な意味でのアンティークは非常に少なく、現在は中国国内からの輸出も禁止されているため、一般に中国アンティーク家具とは保管状態のよい物を熟練した職人が修理した物を指します。 アンティーク家具の価値を見分けるには知識と経験が非常に重要ですね。 テレビでよく放送していますが、ほとんど偽物、価値がないものが 多いですので、購入する場合はよく勉強しましょう。

カントリー家具の魅力と特徴

よく目にするカントリー家具といえば、学習机がありますね。 小学校に上がるときにはあこがれました。 ダイニング テーブルなどは手作り風でとてもいい雰囲気を だしていますよね。 流行り廃りの激しい世の中でも根強い人気があるカントリー家具 ですが、カントリー家具の起源は、開拓史時代のアメリカに遡ります。 移民達は、故郷イギリスの家具を基礎として、自らが生活の中で使うために、装飾の少ない、素朴な風合いを持つ家具や木工品を創り出しました。素材には、主に建材として用いられたアメリカ自生のパイン(松)材が使用されました。 この素材は入手しやすいことに加え、比較的柔らかく、特に職人芸を持たない開拓民にとって、作業がしやすかったのでしょうね。 カントリー家具は建材特有の節があり、決して豪華な見栄えではないですが、比較的柔らかく入手しやすい素材で、特に職人芸を持たない開拓民にとって、作業がしやすかったのでしょう。 暖かみのある雰囲気と、ラフで素朴な印象、そして白木にオイルで塗装した自然なイメージも持ち合わせています。また年を重ねる毎に味が増してきます。 カントリー家具の最大のメリットとして傷がついたり、色落ちしてしまっても、繰り返し補修できるところは、カントリー家具の大きな魅力の一つでもあります。 木の優しさを生かしたカントリースタイルの家具は、とてもシンプル で、飽きのこないもので、リラックスできる雰囲気・時間をおくれる ものですね。

アウトレット家具購入ポイント

最近では大型店のアウトレットモールなどもできてきました。そしてこの言葉をよく聞くようになりましたが、アウトレットの語源は「何かを放出する窓口」という意味だそうです。
昔アメリカのブランドメーカーが、シーズンオフの商品や傷もの品などの在庫をいかに有効利用できるかとかんがえて、値段を下げて販売したところ、中流階級層に大人気となったことが始まりと言われています。
アウトレットに馴染みがないと中古品と思う人もいると思いますが、決して「使い古し」ではなく、製造からの期間が経っているだけのことで、ものは新品です。
最近ではアウトレットとは主に、有名ブランドメーカーがモデルチェンジを発表後、旧製品の在庫を格安で提供することがアウトレットといわれていますね。
他にもサンプルとして少量輸入された商品、カタログ撮影、展示品、傷もの、ダンボールやパッケージなどに傷があり、新品の商品として販売出来ない商品やB級品などもあります。
家具のアウトレットは工場や展示場のイベント・フェスタなど、いわゆる「即売会」が催されます。輸入家具でアジアン家具、カントリー家具など価格も安く、複数の種類を見比べられるメリットがあり、期間中は送料無料など得点も多く好評です。
参加に招待状が必要な所もありますが、「無料招待券の申し込み」や、開催日時などの情報はインターネット上で記載されています。
そして、事前にお部屋の間取り図とサイズの確認や、玄関幅、階段など測っておくと当日迷うことはないかとおもいます。そして必需品としてメジャーを持っていくことを忘れずに!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。