インテリアを照明や家具そして雑貨で理想の部屋作り

インテリアを照明・間接照明で照らして部屋にあった家具を備え付け雑貨で部屋を飾り自分の理想の部屋を手に入れましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアにおける照明の重要性

インテリアにおける照明の重要性の意味

インテリアは照明により大きく変わります。

では、どのような場所ではどんな照明及び、
照明器具が良いのでしょうか?

とても迷うところではあります。

各部屋により、照明の目的があります。

その目的には、どんな照明が適しているのでしょうか?

そのような点を少し書いてみます。


照明には、日常生活を送るための明かりと
演出という2つの役割があります。

インテリアアイテムの中でも比較的安価で、
効果が非常に高いのが照明の特徴です。

手間やお金をかけたくないという時にも、
照明を使った模様替えというのは最適です。

まず、蛍光灯と白熱灯の違いを見てみます。

蛍光灯は鮮やかな白色で、影ができにくく、
室内を明るく照らします。

白熱灯よりも消費電力が少ないため長く使うことができ、
長時間点灯するリビングなどに向きます。

一方白熱灯は印象が暖かく、
趣のある空間を作り出すことができます。

リビングや寝室など、
雰囲気を大切にしたい所に生かしたい照明です。

では、場所に合わせた照明選びのポイントです。

ダイニングには、料理が美味しそうに見える
白熱灯の光が効果的です。

家具や食器をアースカラーで揃えれば、
なお統一感が出ます。

明るく楽しげな雰囲気を出したい時は
蛍光灯がよいでしょう。

リビングの照明は明るくしてしまいがちですが、
あまり眩しすぎると気が休まりません。

テレビやパソコンの画面の光が
悪目立ちしない程度の照明が理想的で、
具体的には10畳の部屋で
100Wぐらいの照明を目安にします。

トイレやバスルームは60Wの照明がよいといわれています。

バスルームには白熱灯が適しているでしょう。

蛍光灯では肌が青白く見えてしまいます。

玄関は、疲れて帰宅した時、
またお客さんを迎える時に入り口となる場所です。

明るいイメージにしましょう。


照明には目的があり、活動する目的での照明と、
明かりを演出し雰囲気を楽しみ、
リラックスするという目的がありますね。

照明ひとつでガラリと変わってしまうので、
場所の目的をしっかりと明確にしておくと
どんな照明にしたらよいのかイメージしやすいと思います。

各スペースで部屋のイメージをもちましょうね。

トラックバック

トラックバックURL:http://sutekiheya.blog17.fc2.com/tb.php/3-e238c599
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。