インテリアを照明や家具そして雑貨で理想の部屋作り

インテリアを照明・間接照明で照らして部屋にあった家具を備え付け雑貨で部屋を飾り自分の理想の部屋を手に入れましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具を通販で買うメリット

家具を通販で買うひとは増加しています。

好みの家具例えば北欧、カントリー、アジアン、アンティーク、
イタリア、オフィス、アウトレット、輸入家具などいろいろな
種類があります。

しかしこのような家具を選ぶとき、
「色々な種類を見たい、比べたい」と思っても、ゆっくり家具店や
ショールームを見て歩けない、という方が多いのです。

そんな方たちのために、通信販売、いわゆる「通販」が
便利です。

カタログや、テレビショッピングも主流ですが、
近年ではインターネットによる通信販売「ネットショップ」の
利用度が年々増えている傾向にあります。

色々な種類や好みのデザインを選び、注文し、
購入することができます。

同じ商品でも、販売店によって違う値段で販売されているという
こともあり、複数のお店の価格を比較する、という意味でも、
歩き回るよりも効率が良い、と考えられます。

しかし、「通販」となると、実際に現物を見たり、
触れたりできないことから、不安な面もあります。

実際に、通販で大きめな家具を購入したときの失敗の多くは
、「部屋に搬入できない」「置けない」というものです。

価格、機能性や好みのデザインももちろんなのですが、
部屋の入り口や、広さのサイズは十分に確認しておく
必要があります。

特に通信販売では、商品到着後のクーリングオフ制度(解約)は、
原則として適用されません。

たいていの販売店は、自己負担の返品という形が多いようです。

なので、衝動買いをして後悔しないように慎重に選ぶことが大切です。

また、各販売店によって送料や、組み立て料、
設置料など無料サービスか、有料か、の違いもあります。

規定内容やをしっかり確認しておくことも重要です。

家具を通販で買うメリットは、多くの種類の家具
から選択できることです。

家具店やショールームへ行くとなるとお金と時間が
かかります。

まずは、色々な家具通販サイトを見てみるとよいですね。

インテリアコーディネーターのお仕事とは

インテリアコーディネーターの仕事内容はいったいどのような
事をするのでしょうか?

また、資格試験はあるのでしょうか?

インテリアコーディネーターは、さまざまな顧客の要望に応えて
室内のレイアウトや内装材、家具、照明などを選び、
「快適な住空間」を創造するインテリアのスペシャリストです。

資格試験は、住宅構造、インテリア構成材、室内環境、
インテリア基礎、インテリア計画、表現技法、
関連法規などの試験、論文など2次にわたる民間資格の
取得が必要となります。

建築関連の知識や経験が必要であり、その他にも建築家との
渉外業務などにも行なうことがあります。

インテリアコーディネーターは、建築士や現場監督、
施主などたくさんの人と関わりながら、ひとつひとつ
仕事を遂行していきます。

そのために交渉力や協調性も、経験が必要となります。

つまりインテリアコーディネーターは
「人間関係のコーディネーター」でもあるわけです。

消費者の予算や理想にあったものを選び、
快適な空間を作る他にも、リフォーム相談、ヒアリングと現場調査、
契約、工事打合せと発注業務、工程管理と工事管理、
完成引渡しとアフターフォローなども主な業務となります。

現在は生活スタイルに「個性」が求められる時代です。
自分が住む空間に強いこだわりを持つ人が増え、
たいていの人は住空間への憧れがあります。

ファミリー層、富裕層、高齢者、障害者…と、
それぞれでニーズも趣味も異なり、
多様なパターンが求められます。

それぞれの要望を具体的な形にし、お客様の満足が得られる
住空間に導くのがインテリアコーディネーターの役割です。

このようにインテリアコーディネーターに求められる
スキルは建築関連、交渉力や協調性、その他
いろいろと求められます。

狭い部屋でのインテリアのコツ

狭い部屋を広く見せ、空間を有効に使うにはどのように
インテリアを工夫、活用したらいいのでしょうか?

いろいろな、細かい工夫が必要になってきます。

では、どのような点に気おつけたらいいのでしょう?

日本の住宅は昔から「ウサギ小屋」などと欧米から
ひやかされるほど狭いですね。

土地の広さや家全体だけでなく、各部屋も収納スペースも
十分な広さを確保するのも難しいのが現実です。

狭い部屋をいかに「広く見せる・使う」ために、
空間を最大限に生かす工夫と、極力、無駄なものを処分し
整頓することが先決です。

好きなインテリア家具を、ただ配置していただけでは色や
機能性にもまとまり感がなくなります。

常にキチンと片付けた状態がベストで、インテリアは
必要なもの以外は置かず、床を多く見せることが
広く見せるコツです。


視覚効果で「人は部屋に入った瞬間に一番奥を見る」
という習性があるので、奥の壁やコーナーが暗いと
圧迫感があり、部屋が狭く見ることにつながります。


また、その他にも鏡を壁に置くことによって、さらに奥があるよう
、広く見せることができるといいます。

色にもそれぞれ感じるイメージがあります。

その色の使い方によって部屋が広く見えたり
暖かく見えたりします。

奥の壁やコーナーに柔らかな光の照明を置くことで空間に
広がりを持たせることもできます。


白は部屋を最も広く、高く見せることができ賃貸住宅にも
多く利用されている色です。

コーディネートする上でも、いろいろな色を使いすぎると
落ち着かない部屋になりますよ。

例えば、広く見える白をベースカラーとすると、
あとはポイントとなる色、2~3色に抑え、
トーンを統一にするのも、部屋もすっきりまとまります。

狭い部屋を広く、使いやすくする最大のコツは
無駄なものを処分し整頓して、床を多く見せることが
広く見せるコツですね。

まずは、整理整頓から始めてみましょう!

子供部屋のインテリアの注意点とは?

子供部屋は、よく考えておきたいものです。

成長も著しいので、
変化が多いのでいろいろと注意点が多くあります。

どんな点に気をつけていたら良いのでしょう?


子供部屋は、幼児期、小学校の低学年、
小学校の高学年以上と、成長に応じて変化していきます。

目の離せない幼児期、小学校低学年の時期は、
自分1人の個室よりも家族のいるリビングや
ダイニングなどの場を好みます。

幼少の頃は、こうした家族のコミニュケーションも
自然と育つ生活動線をつくる環境が適しています。

子供が小学校高学年からそれ以上になると、
プライバシーの保護や独立心の育みも考える
時期でもあります。

子供部屋のインテリアは、勉強机やベッドなど
、部屋に合った家具選びから始まりますが、
ホルムアルデヒド含有量を抑えた家具を選ぶことが
優先されます。

本棚など組み立て家具の接着剤に多く含まれ、
体に有害な物質なので、よく確認し選びたいところです。

椅子は体型に合ったものを選ばないと姿勢が悪くなり、
姿勢が悪くなると視力の低下にもつながりかねません。

最近ではバランスチェアなど、座りながら自然に
背筋が伸びる椅子など、体にやさしいものも、
素材や色なども、豊富に選べるようになりました。

窓際には光がたっぷり入るようにレイアウトを整え、
子ども部屋の照明は机の上のスタンドだけでなく、
他の居室と同様に室内全体を明るくする全体照明も必要です。

健康を優先に考えたい子供部屋では、安全なもの、
長く使える丈夫で飽きのこないデザインが好ましく、
カーテンやベッドカバーなど、子供の好きな色を
コーディネートしてあげたいものです。

子供の成長の変化に応じて子供部屋のインテリアを
変える必要性もありますね。

特に成長に伴う健康には、部屋のインテリアは
重要になってきます。

アジアン雑貨を活用したインテリア

アジアン雑貨は、よく聞く言葉でもあるし、
見ることが多いかと思います。

では、インテリアとして使われるアジアン雑貨は
どんなものがあるのでしょう?

少し書いてみますね。

インテリアを南国の雰囲気をイメージすると、
アジア系の雑貨や家具での装いで
まとめるのではないでしょうか。
例えば、タイ風、バリ風、インドネシア風…など。

アジアン雑貨、装飾品の中でもとりわけ人気があるのは
、竹で出来たバンブーランプです。

組み合わせた竹の隙間から柔らかい明かりがこぼれ、
癒しとエスニックな空間を楽しめます。

また竹、籐素材を使った籠や、小
物入れはアジアン雑貨の定番です。

また、古木のベンチは、自然だけでなく、
原始的な椅子本来の形や、動物を表現しており、
「家具」というより「作品」とも呼べるものも多いです。

ごつごつした作りながらも、大自然のぬくもりを感じる
アジアン雑貨のひとつです。

アジアン雑貨とは基本的に、
東南アジアその土地に古くから伝わる伝統工芸・手工芸
によるものです。

ジャワ更紗(さらさ)と言われている「バティック」は
インドネシア伝統のろうけつ染の生地です。

壁掛けや、クロス、カバーなどに使用されています。

マッドミー(女王様のシルク)と呼ばれるオールドタイシルクは、
クッションカバーなどインテリア雑貨だけでなく、
ブラウスとしても人気をよんでいます。

四千年もの歴史を育むラオスの織り物も、
壁掛けやクッションカバーとして使用されています。

アジアン雑貨はこうしてアジアの布一枚あしらうだけで独特の
アロマが部屋全体を包んでくれます。

アジアで生まれる様々なものに囲まれ、
歴史を感じてみるのも、十分「アジアン」を
満喫できるのではないでしょうか。

アジアン雑貨をぜひ暮らしの一部に取り入れてみて下さい。

インテリアに南国の雰囲気をイメージするには
アジアン雑貨は必須アイテムです。

アジアン雑貨をいろいろ見てみると自分の
理想の部屋がイメージしやすくなるでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。